DEO LAB BLOG

汗の役割

汗の役割

 
一言に体臭と言っても、なにをもって体臭というのでしょう?
スポーツした後、大量にかく汗が原因のニオイでしょうか?
緊張したときにかく嫌な汗、年をとりオヤジ臭いと言われ始めたが体臭というの?

など体臭にもさまざまな種類があります。
また、腋臭症または臭汗症など医学的によばれるいわゆるワキガ臭もあります。

そして、これらさまざまなニオイの原因は一つではありません。
 

よく、男臭い・部室が汗臭いなど「汗臭い」という言葉が使われていますが、実際には汗そのものニオイは非常に少なく、気になる体臭は汗だけで発生しているわけではないのです。

しかし、体臭と汗は切ってもきれない臭い仲(ウマイ)なので、
まずは汗の種類と役割を見ていきましょう。
  

汗の種類は2種類!?

汗は汗腺と呼ばれるところから出てきます。
この汗腺(汗が出てくる場所)が2種類あるのです。

エクリン腺とアポクリン線

エクリン腺はカラダのほとんどにある汗の分泌腺。
体中のいたるところにあるものです。

成分はほぼ水分(99%)、残りはミネラルやアンモニア等になります。無色透明で無臭です。

カラダにとって非常に大切な役割をもち、生命維持にはかかせません。 
 体温コントロールにかかせない!

そもそも汗はかいて蒸発するときに一働きします。
熱くなったカラダが汗をかき、汗が蒸発するときに一緒に
熱をうばいます。このとき熱くなったカラダがクールダウンされ、
体温が一定に保たれるというものです。
この汗、夏場は実に一日5~10リットルも流れてるのです。
この機能が正常に働かなくなったら・・・

生死にかかわる大事な汗

そう、通常36~37℃の体温がグングンあがり、上がりすぎると
脳にもダメージを負うこともあります。もちろん死につながることさえあります。

暑いから汗をかく。これってある意味当たり前のことですよね?
しかし、この当たり前のことができなくなると・・・
恐ろしいですね。しかし、このように汗はニオイの悪因だけでなく、
カラダにとってもなくてはならないものなんですね。

体臭を抑える上では、汗とも上手に付き合って行きましょう。

Posted on | 9月 27, 2010 | No Comments

Comments

コメントする。





  • TWITTER

  • デオラボオフィシャルアイテム