DEO LAB BLOG

汗の種類何種類?

汗の種類は2種類?3種類?

 
汗の役割をご覧いただくとおわかりのように、人間がかく汗には大変重要な役割があります。

この汗、実は一種類ではないのです。

【汗は3種類・出口は2種類】

生命維持にかかせない汗、ひとはその汗をさまざまな条件でかくことになります。

 ☆精神性発汗

初めての面接、手足が湿って汗をかく。アクション映画を見て手に汗にぎる。まさしくこれらの汗が精神性発汗です。また、好きな人にはじめて電話するとき、絶対に負けられないサッカー観戦。このように精神的に興奮状態にあってかく汗を精神性発汗といいます。主に、手のひら・足のうら・脇の下から出ます。
自分の体臭を気にするあまり、まわりに気をつかってよけいに汗をかいて体臭を強くしてしまっては本末転倒です。しっかりケアして、余裕を持ちましょう。

☆温熱性発汗

気候や気温、体の状態でかく汗を温熱性発汗といいます。サウナや運動中にかく汗、夏場にじわじわかく汗も温熱性発汗です。体温をコントロールする意味でもカラダにはとても重要な役割のある汗です。

☆味覚性発汗

大ヒット商品、暴君ハバネロ。暴君の名の通り非常に辛いスナックです。また、昨今の韓流ブームでキムチをたくさん食べた方もいると思います。
このような辛いもの食べたとき、おでこや鼻にツツーっと汗をかきます。
これらの汗が味覚性発汗です。
辛味成分カプサイシンなどが、温受容器と呼ばれる熱さを感じる器官に刺激をあたえ、体温が上昇し汗が流れます。
 

上手につきあいたい汗

このように、普段なにげなく流れている汗ですが、その時々で流れている汗にも違いがあったのです。

なにが原因で汗をかいているかを判断できれば、体臭を未然に軽減できるかもしれません。
汗をかいたとき、ちょっと汗の種類を思い出してみましょう。

Posted on | 9月 27, 2010 | No Comments

Comments

コメントする。





  • TWITTER

  • デオラボオフィシャルアイテム