DEO LAB BLOG

ついに来た!加齢臭

ついに来た!加齢臭

 
避けては通れない現実。

おやじくさい、おっさんくさい、おやじ臭・・・

なぜ「くさい」?オヤジの香り、おっさんの香りじゃだめなのか?

そう、おもいっきりイメージ合わないですね!

そもそも、「おやじはくさい」。

ということをマスコミをはじめさまざまなメディアで唱え続けた、結果オヤジは臭くなってしまったのか!?
 

 オヤジ臭の別名「加齢臭」。ある化粧品会社がその原因をつきとめたらしいのです。

40歳を越えた中高年の皮膚を調べたところ、若者にはほとんど存在しない「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸の一種が皮脂の中に作られていることが発見されました。

この脂肪酸、空気中の酸素や微生物にふれることによって発酵し、「ノネナール」という物質を作り出します。

この「ノネナール」こそが加齢臭を発生させる原因であることをつきとめました。  

ノネナール?

そもそもノネナールってどのようなニオイがするのか?
ノネナール自体のニオイは、「古い本やロウソク、青臭いチーズ」など言われ、それ自体にあまり強力なニオイは発しません。

ただ物質としてのノネナールはそうそう臭いものではないのですが、これがおじさんの身体と融合したとき!

そう、世に言う加齢臭となってあなたを包み込むのです。
 
 年齢と共に、ノネナール・加齢臭の元といわれる脂肪酸は増加してきます。

また、油ぎった食生活や生活習慣とともに皮脂中に過酸化脂質の量が多くなり、加齢臭のニオイは強くなっていくと言われています。

この過酸化脂質は活性酸素が体内に大量に発生したときに増えます。

加齢臭の原因のノネナール。ノネナールを作り出す過酸化脂質。過酸化脂質が増えるのは活性酸素の大量発生。活性酸素の原因はずばり環境やストレス!
 

ストレス発散!!

そうなんです。元をただせばストレスのある生活が原因だったのです。

華の40代、思えば毎日がストレスの連続。
まずは本格的なストレスからの脱却が脱・オヤジ臭からの第一歩なのです!

加齢臭は内(消臭剤や石けん)と外(ストレスやタバコ・お酒)の両方から解決しましょう。

Posted on | 9月 27, 2010 | No Comments

Comments

コメントする。





  • TWITTER

  • デオラボオフィシャルアイテム