DEO LAB BLOG

女性特有の悩み

人間、生きていれば多かれ少なかれ体臭は発生します。これは男性女性問わず言えることです。

しかし、加齢臭のようなどちらかと言えば男性に多くみられるニオイもあれば、女性特有のニオイも存在するのです。

女性には毎月周期で月経がありますが、この時期によって体臭が変化します。

月経と女性ホルモンは切っても切れない関係

月経近くなると、皮脂腺はホルモンの影響から皮脂を多く分泌するようになります。

このとき分泌される皮脂が多いと皮脂腺がつまり、脂肪酸を酸化させニオイを発生させます。
 

 ただし、月経時の体臭の変化には個人差があり、体調の変化で嗅覚も鋭くなったりにぶくなったりするので嗅覚の変化でニオイに敏感になるのかもしれません。

また、月経時デリケートゾーンの気になるニオイも、出血時の血液の酸化も気になるところですが、生理用品が原因でニオイを発生させることもあります。

もともとデリケートゾーンは汗をかきやすいですが、ナプキンや生理用下着などで蒸れてしまい、雑菌が増殖してニオイを発生させてしまうことがあります。

ニオイが気になるようでしたら、月経時は通気性のよいスカートなどを着用するとよいでしょう。
  

清潔を心がけて!

清潔を心がけることも大切です。
生理用品のこまめな替えやシャワーなどで身体を流すのも有効です。

デリケートゾーンを洗浄するときは洗いすぎないことが大切です。

傷をつけないよう優しく洗い上げるのはもちろんですが、通常のボディソープや石けんなど刺激が強いものを使用すると、身体を守る善玉の常在菌まで洗い流してしまい、雑菌が入り込み病気につながる可能性もあります。

なるべく女性用のやさしいデリケートゾーン用の石けんを使用して、やさしく洗い上げるようにしましょう。 
 いつもと同じ生活を送っている上で、デリケーゾーンのニオイが通常よりきつくなったり、体験したことのないニオイの場合は病気の予兆がでていることもあります。

とくにおりものの色や量が多かったり、デリケートゾーンに痛みやかゆみがともなうときは婦人科を受診しましょう。
 

更年期におけるホルモンの変化

女性特有と言えば、更年期に起こりうる女性ホルモンの分泌量低下もあげられますが、汗腺調整を行ってきた女性ホルモンが低下することによって、汗を出す機能が乱れたり体温調整がうまくいかなくなることがあります。

これはホルモンバランスが崩れたため自律神経の調整がうまくいかないことも関係しています。

このため、汗のかきかたがこれまでとは異なり、量が多くなって体臭の原因になったり、更年期特有の濃度が濃くベタベタの汗はアンモニアなどのニオイ物質が含まれるので汗そのものがニオイを発することもあります。

体調の変化には敏感に反応し、更年期も跳ね返す明るく楽しく健康に過ごし、身体を清潔に保つことで体臭・ニオイをケアしていきましょう。

Posted on | 11月 11, 2010 | No Comments

Comments

コメントする。





  • TWITTER

  • デオラボオフィシャルアイテム